個別指導の特徴とは

先生と子供

学習塾は個別指導塾と集団塾に分けられます。個別指導塾は教師との距離が近く、生徒の状況で指導内容を変えられますが、費用は高めです。集団塾は費用が安く、カリキュラムを確実に進められますが、柔軟性には欠けています。生徒の性格も考慮して選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

大学入試に向けた準備

勉強道具

大学受験を目的に個別指導の学習塾に入学する時には、受験校や入試のタイプに合わせて、受講プランを決定することが重要です。マンツーマン指導でハイレベルな内容を学んだり、内部進学に向けて準備を進めるのが、志望校合格を勝ち取るテクニックです。

詳しく見る

じっくり学ぶ

先生と子供

学校の勉強では理解度に差が出てしまうこともありますが、1対1の個別指導を行う学習塾ではこうした心配は不要です。学力を底上げしたいと考えたり、勉強嫌いな子どもに学習の習慣づけをしたいという親子が利用するケースが増えているといわれています。

詳しく見る

当人に希望を聞いてみよう

先生

学習塾選びは親御さんの意見だけではなく、通うお子さんの意見も尊重しましょう。体験入塾をすれば当人の意見にも信憑性が見えてくるはずです。また、個別指導と集団指導のどちらが適しているのか、これは学習塾の講師にも相談して決めましょう。

詳しく見る

塾を選ぶポイント

生徒

学習塾を選ぶ場合は、講師との相性が重要です。これは授業を聞き取りやすい講師を選ぶと良いでしょう。さらに通学が容易な塾を選ぶと、冬の通学が楽になります。また高校や大学受験に実績がある学習塾を選ぶと安心です。

詳しく見る

メリハリのある勉強法

先生

学習プランの決定方法

個別指導形式の学習塾で、日常的に補習や受験指導を受けているのは、勉強に対して苦手意識を持っている中学生や高校生です。一人一人に合った学習プランを選ぶと、科目間の学力にばらつきがある生徒も、マイペースで勉強することができるでしょう。入学時の面接でカリキュラムを決めることもできるのが、学習塾の個別指導コースの魅力であり、目的に合わせて受講内容を変更することも容易です。志望校が具体化した段階で、出題傾向に合わせて新たにカリキュラムを構築すると、思考力が問われる内容も効率的に学べるでしょう。小学校の低学年も気軽に受講できる、60分の個別指導コースも充実しているのが、地域に密着した学習塾の特色です。保護者と一緒に面談を受けて、無料体験コースの受講や入学に向けて計画的に準備を進めるのが、低学年の児童が学習塾に通う場合の基本です。講師指名制度も充実しているのが、個別指導教室のセールスポイントであり、受講する生徒の学力に合わせて継続的にサポートが受けられるでしょう。大学受験に向けて学習を進めている高校生に人気があるのは、主体的に授業の予習と復習が行える、塾の校舎内の自習スペースです。映像教材の視聴用の個別ブースも充実しているのが、高校生向きの教室の特徴であり、参考書などを利用することも可能です。高校の授業内容も踏まえて、補習指導向けのカリキュラムも活用すると、大学の推薦入試対策も十分に行えるでしょう。

Copyright© 2018 学習塾に通っちゃおう【思考力が問われる内容も効率的に学べる】 All Rights Reserved.